homeホーム>サービス内容>産業医サービス>嘱託産業医・健康管理委託

嘱託産業医・健康管理委託

嘱託産業医とは

登録産業医

産業医とは、職場において、労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、医学的な観点から指導・助言を行う医師を云います。(病院、クリニックなどの医療施設における医師の業務である診断、治療は行いません)

労働安全衛生法では、常時50人以上で999人以下の労働者を使用する事業場において、嘱託(非常勤)産業医の選任を義務付けています。

産業医は、毎月1回以上、事業場を訪問し、職場巡視、衛生委員会への参加、健康診断事後措置面談、長時間労働面談、健康教育、メンタル相談、休職、復職判定等について指導、助言を行います。

 

嘱託産業医の一般的な業務内容

嘱託産業医の一般的な業務とは         

201564124119.jpg

■安全衛生委員会参加

毎月衛生委員会に参加し、社員の健康保持、職場の安全衛生体制の構築などに対して医学的な見地から意見を述べてください。その場合、企業側と労働者側の立場を考慮することが求められます。 議事録の確認、押印をお願いします。

■ 職場巡視
月1回職場を巡視することが求められています。産業医は、改善が必要な作業環境などについて指導を行います。 「職場巡視チェックリスト」を予め作成し、衛生管理者といっしょに職場巡視を実施し、チェック項目の良否判定と改善状況などを確認しましょう。 「巡視の記録」を残すことが必要です。

■ 健診結果チェック
健康診断結果をチェックし、面談対象者をピックアップします。

■ 健診結果事後措置面談
健康診断結果に基づき生活習慣改善指導や健康状態により休養、配置転換など本人と職場に対して働き方の改善を助言、指導します。

■ 長時間労働者面談
 長時間労働により疲労の蓄積が認められる労働者に対し、医師の面接指導、事後措置に係る助言、勧告を行います。また、改善策を安全衛生委員会で検討します。

■ メンタルヘルス対策(休職者、復職者面談、支援)
メンタルヘルスの啓蒙活動、不調者の発症予防、 早期発見、休職・復職支援、主治医(精神科医)との連携、フォローアップなどを行います。

■ 健康教育
健康教育は、生活習慣の改善や有害物質による健康障害防止など幅広いテーマに対応する必要があります。近年ではメンタルヘルスに関する教育を実施する職場が増えています。

■ 労働基準監督署提出書類への署名、捺印

■ 人事担当者、安全衛生管理者への助言、指導
 

健康管理委託サービスによる安心のサポート体制

メディエイトでは、当社と産業医にて貴社の産業保健活動をサポートする健康管理委託サービスをご用意しています。

単に産業医を紹介し終わりにするのではなく貴社の労働安全衛生管理業務が円滑に進み、効果的に行うことが出来るよう産業医と当社の健康管理推進担当者(当社の顧問産業医、保健師、産業カウンセラーなど)が継続的にサポートします。

当社と産業医にて貴社の労働安全衛生管理をサポートします。

201561012352.jpg

 

サポート構造

企業より当社が《健康管理業務全般》を委託します。

《健康管理業務全般》のうち《産業医による業務》について、産業医の先生に委託しております。

健康管理委託契約のメリット(メディエイトのサポート)

  • 企業の求める産業医の選出、ご提案(転勤、産休など短期で選任が必要な場合でもすみやかに対応いたします。産業医の交代については無料で次の産業医を推薦いたします)

  • 企業と産業医双方の要望を伺い調整、交渉致します。

  • 産業医の訪問スケジュールの調整(追加訪問、超過勤務についての依頼、調整)

  • 産業医への報酬支払業務

  • 追加訪問、残業などの料金の変動が生じた場合、速やかに請求処理を致しますので支払に関するトラブルを防ぐことができます。

  • 当社のコンサルタント(当社顧問産業医、保健師、産業カウンセラーなど)が衛生管理業務、メンタルヘルス対策などの資料提供、アドバイスを行います。また必要に応じて産業医に同行し企業の労働安全衛生全般を支援致します。

  • 毎月、当社の顧問産業医による健康情報(ウエルネスレポート)をお届けいたします。

  • 必要な場合には、当社の顧問産業医、保健師、産業カウンセラーがご質問、お問合せに対応致します。(無料メール、電話相談)

  • 産業保健体制構築に必要なサービスをトータルでご提案します。(ストレスチェック、健康診断支援サービスなど)

健康管理委託の産業医による業務内容

従業員数50名~150名程度 /1事業所あたりの標準的なモデルケースです。
モデルタイプ【月1回訪問;2時間 /産業医への報酬月額6~8万円の場合】

契約 当社と貴社
委託業務の内容 産業医による次の健康管理指導《時間は目安になります》
  1. 衛生委員会への出席(30分)
  2. 職場巡視 (15分~30分)
  3. 従業員への健康指導:定期健康診断、所見有り(20分)
  4. 過重労働者(残業時間 月100時間以上)への問診(15分~)
  5. 従業員へのメンタルヘルス相談(40分)
  6. 定期健康診断の結果報告書の作成(労働署宛提出書類)(年1回)
  7. その他産業医としての法定業務

 

嘱託産業医・健康管理委託 契約の流れ

① お申し込み

201561132036.jpg

お電話または無料相談メールフォームにてお問合せください。

矢印

②お見積もり

STEP2

貴社のご希望をお伺した上で、お見積もりを作成致します。

矢印

③産業医の選任

産業医の選任

弊社にて、貴社の条件に沿った産業医を選任の上、候補者の略歴をお送り致します。

※東京23区内の場合、候補者選出まで、1週間程度のお時間を頂いております。

 

 
矢印

④お顔合わせ

STEP5

医師と日程を調整し、弊社も同席の上、貴社にてお顔合わせを致します。その際、貴社においての問題やご要望、産業医への質問などをお受け致します。

 
矢印

⑤採用

STEP6

双方のご意志を確認後、貴社・産業医合意のもと、正式に採用を決定致します。

細かい条件等の調整や交渉は、弊社が行います。

矢印

⑥ご契約

201561133136.jpg

弊社の契約雛形をベースにご契約書を作成致します。

(貴社の契約書を使用することも可能です。)

※ご契約までは料金は一切かかりません。

 
矢印

⑦産業医業務スタート

産業医業務スタート

ご契約締結後、産業医業務を開始致します。

訪問日程の変更や勤務時間の調整は、弊社が行います。

矢印

⑧業務委託料のご請求

201561125837.jpg

産業医の勤務時間に応じた費用を、業務委託料として月締めにてご請求させていただきます。

※産業医選任には、その企業と医師の人柄を含めた「相性」も大きく関係します。
万一、貴社にて担当医師変更のご希望があった際には、弊社より医師にその旨をお伝えし、手数料無料にて新しい産業医をご紹介させていただきます。