homeホーム>ニュース&ブログ

ニュース&ブログ

春バテ対策

2018621050.jpg

春は気候の変化や生活環境の変化等によりストレスも多く、春の不調「春バテ」を感じやすい時期です。
今回は、春バテ症状と解消法をご紹介いたします。 新年度を迎える時期でもあり何かと忙しいと思い
ますが、健康管理をして元気に新年度をスタートしましょう。
 

春バテの症状

身体的不調・・・「肩こり」「手足の冷え」「身体の倦怠感」など

精神的不調・・・「気分の落ち込み」「イライラする」「憂鬱になる」など

睡眠の乱れ・・・「夜眠れない」「目覚めが悪い」「日中の眠気が強い」など
 

春バテの原因

2018621110.jpg

①生活環境の変化 春は生活環境や、職場環境が変わる時期でもあり、緊張やストレスが大きくなり
 自律神経が乱れて不調が起こりやすくなります。

②めまぐるしい気圧の変化 春先は、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わり、天気や気温がめまぐるしく
 変化します。そのため、自律神経が乱れやすく不調になりやすいのです。
 また、低気圧では、空気中の酸素が少し減る為、身体のだるさ、眠気が起こりやすくなります。

③激しい寒暖 春先は、天気も変わりやすく寒暖差が激しくなります。
 また、薄着になる方も多く身体が冷えやすくなります。5℃以上の温度変化は自律神経の乱れを
 招きやすくなり、不調の原因となります。
 

春バテの解消法

深呼吸(腹式呼吸)

横隔膜を大きく動かすことで内臓の動きが活発になり、血流が良くなります。
しばらく続けていると副交感神経が優位になりストレスが軽減されます。

適度な運動

適度な運動は、血のめぐりの改善とストレス解消になります。

体内時計のリセット

朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びましょう。毎朝同じ時間に体内時計をリセットする事で、
規則正しい生活を送りやすくなり自律神経を整えやすくなります。

入浴でリラックス

ぬるめのお湯(38~40℃)にゆっくりつかりましょう。副交感神経が優位になりリラックスできます。

バランスの良い食事

1日3食、腹八分目の食生活を心がけましょう。食物繊維やカルシウム、ビタミンが自律神経を
整えるためにはお勧めです。

十分な睡眠時間の確保

十分と感じる睡眠時間には個人差はありますが、朝スッキリと目覚められる程度の睡眠時間を
確保しましょう。早寝、早起きを心がけましょう。  
                                    

                          株式会社メディエイト 保健師 新井 望
 

健診結果を生活改善に活かそう ~血糖値~

血糖値の異常、放置すると…

20186205750.jpg

血糖値が高い状態が続くと、血管がもろく、ボロボロになってしまういわゆる血管病になります。
全身の血管や神経が傷ついたり、動脈硬化が進行して、心臓病や脳卒中を発症する危険が高まります。

また、糖尿病が進行すると、失明の危険もある「糖尿病網膜症」、人工透析が必要となる「糖尿病腎症」、
足が壊疽を起こす「糖尿病神経障害」など様々な合併症を引き起こします。

糖尿病の恐ろしさはこの合併症にあり、生活の質(QOL)の低下や命に関わる事もあります。
 

血糖値を調べる検査(基準範囲)

空腹時血糖(99以下)、HbA1c(5.5以下)、尿糖(陰性) など
 

定期的な健診を

高血糖となっても初期は自覚症状なく進行するため、定期的に健診を受けましょう。
 

食生活の改善を  

20186205811.jpg

食べ過ぎ、飲みすぎに注意し、腹八分目を意識した食生活にしましょう。  
朝・昼・夕の3食を規則正しくし、間食は控えましょう。  
野菜、きのこ類、海藻類などを中心に栄養バランスの良い食事にしましょう。
 

運動

ウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動、筋力を増強する筋力トレーニングが効果的です。  
有酸素運動により筋肉への血流が増える、筋力トレーニングによって筋肉が増えることで、インスリンの効果が高まり、血糖値は下がりやすくなります。 無理のない運動を、できるだけ毎日、定期的に行うようにしましょう。

                             株式会社メディエイト 保健師 新井 望
 

冷え性

20186205533.jpg

春先は気圧の変化や寒暖差が激しく、自律神経も乱れやすく身体が冷えやすい時期です。
日頃から冷えを感じる方の方が、春の不調を感じやすいというデータもあります。
春の不調を防ぐためにも、冷え対策をしましょう。

冷え性の原因

冷え性を招く原因は様々ありあすが、「ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れ」「熱を作る筋肉量が少ない」「きつい衣類による血行不良」等が挙げられます。
特に女性は男性に比べ、熱を作る筋肉量が少ないこと、月経による貧血、ホルモンバランスが変化しやすく自律神経に影響を及ぼす事などもあり、冷え性は女性に多くみられます。
 

冷え性を改善する生活習慣

2018620560.jpg

身体を温める食事

バランスの良い食事を心がけることが大切です。 また、身体を温める食材を積極的に摂りましょう。
※身体を温める食材
 肉・赤身魚・卵・ごぼう・玉ねぎ・にんじん・小松菜・しょうが・にんにく・チーズ・紅茶など
肉類等に多く含まれるたんぱく質は筋肉を作る働きがあります。 飲み物は常温か温かいものにするなど、日頃から身体を冷やさないよう気を付けましょう。

血行を促す生活習慣

身体を締め付ける衣類は控えましょう。 入浴はシャワー浴ではなく、38℃~41℃程度のぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。 たばこは血液循環を悪くします。禁煙しましょう。

自律神経を整える生活習慣

十分な休息・睡眠をとりましょう。 ストレスを溜めない生活を心がけ、ウォーキングやストレッチなど適度な運動を日頃から行いましょう。

着衣なアイテムの工夫

腹巻・・・お腹を冷やさないことは大切です。胃腸が温まって便秘の解消にもつながります。
肌着・・・肌にフィットするものを、1枚着るだけで体感温度が約1℃アップします。
スパッツ・・・冷えやすい下半身を温めます。
カイロ・・・お腹や腰など、冷えが気になるところに使います。
マフラー、レッグウォーマー・・・首や足首など「首」とつくところには動脈が体表近くを走っているため、
     少し温めるだけでとても暖かく感じます。
五本指ソックス・・・足指をそれぞれ包むため保温力がアップします。足指の動きを良くして血液循環を促す
          効果もあります。                                      

                               株式会社メディエイト保健師 新井 望
 

健診結果を生活改善に活かそう ~肝臓~

肝臓の異常、放置すると…  

20186205249.jpg

肝臓は人の体で最も大きい臓器で、体重の約50分の1を占めています。  

肝臓の主な働きは、
①体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵
②有害物質の解毒・分解
③食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌など  

体にとって重要な機能を持っていますが、障害が起こるとこれらの機能が働かなくなってしまいます。
肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、障害が起こっても症状が現れにくい臓器です。異常に気付いた時には病状がかなり悪化していることも少なくありません。
検査値に異常が見られた場合は必ず精密検査を受けましょう。また、肥満解消や適性飲酒など生活を見直しましょう。
 

肝機能を調べる検査(基準範囲)  

GOT(30以下)、GPT(30以下)、γ-GTP(50以下)  

総たんぱく(6.7-8.3)、ALP(100-325)アルブミン(3.8-5.3)  

HBs抗原(陰性)、HCV抗体(陰性) など
 

肝臓病予防のためのポイント

20186205314.png

適性飲酒

飲酒は適量を守り、週2日は休肝日を作りましょう。

 <節度ある適度な飲酒量(純アルコール約20gを含む量)>
 ビール(5度)   :中瓶1本(500ml)
 日本酒(15度)   :1合(180ml)
 焼酎(25度)    :0.6合(約110ml)
 ウイスキー(43度) :ダブル1杯(60ml)
 ワイン(14度)   :1/4本(約180ml)
 缶チューハイ(5度):1.5缶(約520ml)

 ※「健康日本21」参照
 ※( )内はアルコール度数

肥満解消

適度な運動を継続的に行うことが大切です。運動習慣を身につけましょう。

ウイルス性肝炎

B型・C型肝炎は、慢性肝障害や肝がんに移行することがあります。感染が認められた場合は適切な治療が必要です。
                           

                             株式会社メディエイト 保健師 新井 望
 

花粉症

花粉症とは

2018620515.jpg

花粉症とは、スギなどの花粉(抗原)が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。 特にスギ花粉は冬の終わりから春にかけて、毎年くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。今や4人に1人は花粉症とも言われています。 日本ではスギの他にもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。
 

花粉症の症状の特徴

くしゃみ・・・立て続けに何度も出る。
鼻    水  ・・・透明でさらさらしている。(風邪は初めさらさらでも、数日で黄色く粘り気がでる)
鼻づまり・・・両方の鼻が詰まり、鼻で息ができない事がある。これにより、口呼吸となる事で、
         口の渇き、咳が出る、匂いや味覚が感じ難くなる、眠れなくなる等の症状も出る事もある。
 

初期療法で症状を軽減しましょう

20186205139.jpg

病気の治療は症状が出てから行うのが一般的ですが、花粉症の場合は症状が出る前からの治療が認められています。その一つが、 「初期療法」です。

花粉症の症状がでる前からお薬による予防治療を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげる事ができます。また、早期に症状を改善させることもでき、結果として処方される全体のお薬の量を減らすこともできます。

初期療法の開始時期は、花粉が飛び始める2週間位前から治療を開始する事が最も効果的とされています。 2017年の花粉の飛散開始時期は例年並み、2月上旬 には九州北部・中国・四国・東海地方の一部から花粉 シーズンが始まり、関東甲信地方では2月中旬に花粉 シーズンに入る見込みとなっているようです。 花粉症でお悩みの方は、是非早めに医療機関を受診し 医師にご相談されることをお勧めします。

また、花粉症のピーク時期は年度末でもあり、忙しい時 期でもあります。不規則な生活や乱れた食事、ストレス フルな状態は症状を重くすることもあります。日頃から規 則正しい生活を心がけ、体調管理を行い、忙しい年度末 を乗り切りましょう。    
                                                  

                              株式会社メディエイト 保健師 新井 望
 

献血に協力してみませんか?

20186204833.jpg

新しい年を迎え、仕事もプライベートも気持ちを新たにされた方も多いと思います。
新たな目標にプラスα、身近なボランティアにも取り組んでみませんか?
 

なぜ献血が必要なの?

血液は人間の生命維持のため欠くことのできない機能を担っています。その血液は今のところ人工的に作ることができません。ですので、病気や怪我で血液が必要となった患者さんは、健康な方から献血で分けていただいた血液を輸血する必要があります。

また、血液は有効期限が定められており、血小板製剤は4日、赤血球製剤は21日と短くなっているので、年間を通して定期的な献血が必要とされています。
 

冬場は血液が不足しやすい時期です

例年、冬場になると輸血用の血液が不足します。これは、風邪など体調を崩す方が多い事や、学校や企業の団体協力が得られにくくなる事など、献血協力者数が減少することで血液の確保が困難になるためです。輸血用血液を必要とする患者さんには季節は関係ないため、冬場でも十分な血液確保が必要になります。
 

献血で自分の健康チェックもできます

20186204947.jpg

献血に協力頂くことでメリットもあります。 その一つがご自身の健康チェックができる事です。希望者には献血協力後2週間程度で、生化学検査7種類、血球計数検査8種類の結果が郵送にて通知されます。 職場で受ける健康診断は基本的には年1回ですので、それ以外にもご自身の健康をチェックできる機会が得られます。

また、その他にも希望者にはB型肝炎、C型肝炎、梅毒検査、HTLV-1抗体検査で異常があった場合には結果を通知してくれるサービスもあります。 血液を少し抜くことで体は血液を作ろうとするため、血流が良くなる事もあります。
 

献血にご協力頂けない方

輸血を受ける患者さん、献血にご協力頂く方、双方の安全確保の為、献血ご遠慮頂く場合があります。 詳しくは、各県の赤十字センターHPや各献血ルームにお問い合わせ頂くことでご確認ください。
献血は体調の良いとき、献血後余裕のある時(スポーツや重労働、飲み会など無い時)にお願いします。
 

                            株式会社メディエイト 保健師 新井 望

 

職場の快適環境 ~職場の室温・湿度~

2018620450.jpg

労働安全衛生規則により、週1回衛生管理者による職場巡視、月1回産業医による職場巡視が義務付けられています。職場巡視では、作業環境や職場環境等を安全・衛生の視点で確認していきます。職場巡視では、事務所(オフィス)も対象です。

また、オフィス環境においては事務所衛生基準規則に基づいて、2カ月に一度の頻度で、温湿度、粉じん濃度、CO2 濃度、照度などを測定しています。

職場環境でのお困りごと、ご質問等とお気づきの点がありましたら、是非職場の衛生管理者の方へ相談してみてください。今回は、職場の室温・湿度についてお伝えします。
 

職場の室温・湿度

労働安全衛生法の規定に基づく、事務所衛生基準規則により、
室温:17℃以上、28℃以下
湿度:40%以上、70%以下  
となるように努めなければならないと定められています。

空調の温度設定を基準温度に設定していても、職場内の温度管理が出来ているとは言えません。
職場内の温度は、窓からの日差しや、OA機器からの放熱、人の密度等の影響を受ける為、同じ室内でも場所によって大きく異なります。空調機器で温度管理をしたうえで、寒すぎる・暑すぎる場所が出来ないよう工夫することが必要です。

また、室温と一緒に、湿度の管理も行う事で快適に過ごすことができます。同じ温度でも、湿度が違うと体感温度が変わります。湿度が高いと暖かく(暑く)、湿度が低いと涼しく(寒く)感じますので、夏場は除湿、冬場は加湿をして湿度管理も一緒に行いましょう。
室温・湿度管理の為、室内に温度計・湿度計を何カ所か設置し、日頃から確認できるようにしましょう。
 

室温・湿度と健康管理

20186203836.jpg
室内の温度・湿度管理は、健康管理を行う上でもとても大切です。冬は特に風邪やインフルエンザ等のウイルス感染が流行しますので、ウィルスが活性化しにくい環境とする等、大勢が集まる場所では室温・湿度の管理も大切です。

◆風邪ウイルス:15-18℃以下で活発になる

◆インフルエンザウイルス:低音を好み、湿度50%以下になると活性化する

◆熱中症:室温28℃を超えると警戒レベル

◆肌の乾燥・ドライアイ:湿度50%以下で起こりやすい

◆カビ:室温20-25℃、湿度80%以上で繁殖する

◆ダニ:室温25℃、湿度75%前後で繁殖する

◆自律神経:室外との気温差±5℃以上で自律神経が乱れやすく体調を崩す原因となる
 

                              株式会社メディエイト 保健師 新井 望 

 

インフルエンザワクチン 《Vol.64-2》

従来のインフルエンザワクチンは、A型2種類・B型1種類のワクチン株が含まれた3価ワクチンでしたが、昨シーズン(2015/16シーズン)からは、WHOが推奨しているA型2種類・B型2種類の4種類のワクチン株から成る4価ワクチンが用いられるように変更されました。

2016/17シーズンは、下記株の4種混合ワクチンとなっています。

【A型株】
・A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09       
・A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)

【B型株】
・B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)       
・B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

ワクチン接種のタイミング

インフルエンザの流行は、11月~12月頃に始まり、流行のピークは1月~3月です。
予防接種でワクチンを接種してから抗体ができるまで1~3週間、その後3~4ヶ月で抗体は徐々に減って行きます。
予防接種の効果は、接種後2週間目位から4ヶ月までです。 ですので、予防接種は11月中、遅くとも12月上旬には接種する事が望ましいと言われます。
 

インフルエンザを予防するために

・手洗いをしましょう
・人混みへの外出は控えましょう
・室内の乾燥に注意しましょう
・バランスよく栄養を摂取しましょう
・十分な休養をとりましょう
・インフルエンザワクチンを接種しましょう 

                            株式会社メディエイト 保健師 新井 望 

 

インフルエンザ 《Vol.64-1》

昨シーズンは、年が明けてから本格的に流行が始まるといったシーズンでしたが、今年は既に多くの感染者が出ています。
定点あたり、感染者数が10人を超えるとインフルエンザ注意報が発令されますが、11月9日現在、沖縄県では定点あたり10.86で、すでにインフルエンザ注意報が発令されています。(東京都:定点あたり0.58)
本格的な流行が始まる前に、早めの予防を心がけましょう。

インフルエンザの主な症状

インフルエンザは、突然現れる38度以上の高熱とともに、頭痛・関節痛・筋肉痛といった症状が全身に強く出るのが特徴です。あわせて喉の痛み・鼻汁・咳といった、一般的な『風邪症候群』によく見られる症状が現れることもあります。また気管支炎や肺炎、小児では中耳炎・髄膜炎・熱性けいれんなどを併発し、重症化することもあります。

特に乳児や高齢者・慢性疾患をお持ちの方は、インフルエンザ症状だけでなく、基礎疾患も悪化しやすくなるので十分な注意が必要です。                

                              株式会社メディエイト 保健師 新井 望

 

長時間労働による健康障害を防ぐために 《Vol.63-2》

時間外・休日労働時間を削減しましょう

健康障害防止の観点からも、時間外・休日労働時間は月45時間以下とするようにしましょう。
 

健康診断の受診や日々の健康管理を行いましょう

年1回の定期健康診断の受診、所見があった場合の事後対応は必ず行いましょう。
長時間労働は睡眠不足、不十分な健康管理、自覚症状への気づきが遅れます。規則正しい生活を心がけ、十分な休養をとりましょう。睡眠だけではなく、運動や趣味の活動等気分転換を図ることも大切です。
 

月の時間外・休日労働時間が100時間を超えたら

医師による面接指導等の申出を行い、面接指導を受けましょう。
脳・心臓疾患の発症を予防するため、長時間労働により疲労が蓄積した労働者に対し、事業者は医師による面接指導を実施する事が義務づけられています。対象者は申出を行い医師による面接指導を受けるようにしましょう。
 

※「時間外・休日労働時間」とは、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間のことです。

                            株式会社メディエイト 保健師 新井 望