homeホーム>ニュース&ブログ>産業保健ニュース>夏の皮膚トラブル対策
産業保健ニュース

夏の皮膚トラブル対策

夏は汗や紫外線、皮膚の露出が増える事などにより皮膚トラブルがおきやすい時期です。
予防・対策で炎症やかゆみを上手にコントロールしていきましょう。

あせもに注意

201975103910.jpg

高温多湿の夏場は、体温が上昇しやすく、汗をかきやすい季節。
大量の汗をかき、そのまま放置しておくことで、汗に含まれる塩分やほこりなどで、汗の通り道がふさがれてしまいます。
行き場を失った汗は皮膚の内側に溜り、周辺の組織を刺激し炎症を起こします。これが「あせも」です。

首回りや背中などに、ポツポツとした湿疹ができ、多くの場合かゆみを伴います。
乳幼児によくみられますが、大人でもあせもに悩む方は多くいます。
かゆみがあるので、ひっかいてしまい、そこから「とびひ」になることもあります。

あせもの予防としては、出た汗をそのままにしない事が大切です。
タオルで優しく拭き取る、シャワーを浴びる、こまめに着替えるなどしましょう。また、通気性の良い肌着を着用しましょう。

 

日差しに注意

夏は洋服が薄着になり、肌の露出が増えます。強い日差しや強い紫外線による刺激で露出している脚や腕にかゆみを引き起こす事もあります。
また、過度な紫外線を浴びることで、免疫力の低下につながる事もあります。
長時間外にいる場合は、肌の露出をなるべく控えるような服装や日焼け止め、日傘など対策しましょう。

 

乾燥に注意

夏場は湿気が多く、乾燥していないと思われがちですが、エアコンを使用することが多い夏の室内は乾燥にも注意が必要です。過度な乾燥は皮膚の水分を奪いかゆみを引き起こします。
また、涼しい室内と暑い室外との大きな温度差もかゆみの原因になることもあります。
エアコンは冷やしすぎない、風が直接あたるのを避けるとともに、室内の湿度管理にも気をつけましょう。こまめな水分補給で、脱水にも気をつけましょう。

 

かゆみ対策

201975103942.jpg

皮膚についた汗や汚れは洗い流し、清潔に保ちましょう。ゴシゴシ洗ったり、強く拭くことは、皮膚への刺激になりますので控えましょう。また、乾燥を防ぐため、保湿を行いましょう。
かゆい所はかかずに、冷たいタオルなどで冷やしましょう。セルフケアでコントロールできなければ、早めに受診しましょう。

 

株式会社メディエイト 保健師 新井 望

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/282