homeホーム>ニュース&ブログ>産業保健ニュース>無期転換ルールをご存じですか
産業保健ニュース

無期転換ルールをご存じですか

無期転換ルールは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて更新された場合、有期契約労働者(契約社員、アルバイトなど)からの申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。

契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。有期契約労働者が使用者(企業)に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します(使用者は断ることができません)。

 

契約期間が1年の場合

5回目の更新後の1年間に無期転換の申込権が発生します。

2019712115420.png

 

契約期間が3年の場合

1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。

2019712115631.png

※平成25(2013)年4月1日以降に開始する有期労働契約が対象です。

雇用止めについて

無期転換ルールの適用を意図的に避けることを目的として、無期転換申込権が発生する前に雇止めをすることは、労働契約法の趣旨に照らして望ましいものではありません。
また、有期契約の満了前に使用者が更新年限や更新回数の上限などを一方的に設けたとしても、雇止めをすることは許されない場合もありますので、慎重な対応が必要です。

 

「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト(厚生労働省)」より引用
https://muki.mhlw.go.jp/

 

*****************************************************
株式会社MEDIATEは、産業医紹介事業の経験から、様々な企業の抱える問題にメスを入れることができます。スポット依頼をはじめ、柔軟な対応で企業の健康を守ります。
産業医紹介ならMEDIATEの「産業医紹介ナビ」

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/281