homeホーム>ニュース&ブログ>産業医コラム>産業医紹介ナビ》 紫外線対策(ビタミンについて)
産業医コラム

産業医紹介ナビ》 紫外線対策(ビタミンについて)

2018625232315.jpg

紫外線対策とビタミンの関係

紫外線対策として日焼け止めやサングラス、帽子、日傘などの外側からの対策をされている方は多いと
思います。
しかし、もう一つの紫外線対策として「内側からのケア」も有効であり、皮膚の健康を保つのに有効な
栄養素であるビタミンの摂取が有効です。
 

ビタミンACE(エース)

ビタミンA

ビタミンAは抗酸化作用があります。また、コラーゲンの生成も促進します。ビタミンAが不足すると、
日焼けがひどくなると言われていて、女性の月経中はビタミンAが少なくなり、日焼けしやすいと知ら
れています。

ビタミンC

ビタミンCにはシミやそばかすの元になるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。
また、紫外線によって生成される、肌の老化の原因となる活性酸素のはたらきを抑制します。
コラーゲンやエラスチン等の生成も促進し肌にハリを与えます。紫外線対策として積極的に取り入れ
たい栄養素です。

ビタミンCは一度にたくさん摂っても貯めておくことができませんので、毎日こまめに摂るよう心がけ
ましょう。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用をもつ栄養素です。また、ビタミンEには血行を良くし、皮膚の新陳代謝を
促すはたらきもあります。
 

ビタミンACEを多く含む食材

2018625232354.jpg

ビタミンA…レバー、ウナギ、ブルーベリー、にんじん、カボチャ等の緑黄色野菜など

ビタミンC…パプリカ、ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリ、レモン、キュウイなど

ビタミンE…ウナギ、シシャモなどの魚介類、ナッツ類、モロヘイヤ、カボチャ、オリーブオイルなど

 

ビタミンA、C、Dは組み合わせて摂取することで、栄養素の吸収率が高まります。
また、夏野菜はビタミンACE全てを含むものも多くあります。
旬のものを積極的に摂取するのもいいですね。

                           株式会社メディエイト 保健師 新井 望

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/184