homeホーム>ニュース&ブログ>産業医コラム>産業医紹介ナビ》 禁煙しよう
産業医コラム

産業医紹介ナビ》 禁煙しよう

20186502118.jpg

毎年5月31日はWHOが定める「世界禁煙デー」です。
自分自身や、身近な方の健康を守る為にも世界禁煙デーをきっかけに、禁煙しましょう。
 

たばこと有害物質

たばこには、ニコチン、タール、一酸化炭素など、200種類以上の有害物質が含まれています。
近年、大気中に浮遊しているPM2.5による健康被害が懸念されていますが、実はたばこの煙にもPM2.5の粒子が多く含まれており、大気中のPM2.5よりも毒性が強いとされています。

たばこの煙は、肺がんをはじめとする多くの癌や呼吸器疾患、脳卒中や心筋梗塞、歯周病や胃潰瘍など様々な病気を引き起こし、喫煙を続ければ身体にどんどん悪影響を及ぼします。
そのリスクは喫煙者だけではなく、受動喫煙にさらされた周囲の人にも及びます。
 

喫煙とメンタルヘルス

たばこがストレス緩和につながると思っていませんか?
実は、喫煙者は非喫煙者に比べ、うつ病や不安障害にかかる確率が70%も高いとの結果もあります。

喫煙者の中には、喫煙が不安やストレスを軽減すると思っている方もいると思いますが、実際には、喫煙によるリラックス効果は一時的なものなので、すぐにたばこに対する禁断症状と吸いたい欲求に取って代わられます。

長期喫煙していた人でも、禁煙に成功すると、うつ病や不安障害の割合は非喫煙者と同等に下がる様です。
また、禁煙に成功するとこで、ストレスの根本原因を減らす事もできます。 禁煙で、身体と心を健康にしましょう。
 

禁煙治療

以下の要件を満たしていれば、保険診療(自己負担3割)で禁煙治療が可能です。

①前回の治療の初回診療日から1年経過していること。

②健康保険が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること。  
 □ ニコチン依存症を診断するテストで5点以上  
 □ 35歳以上で、〔1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数〕が200以上  
 □ 1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っている  
 □ 禁煙治療を受けることに文章で同意している

③健康保険で禁煙治療が受けられる医療機関であること。 

禁煙は自分一人ではなかなか達成できないので、病院でのサポートを受けながら禁煙を続けてみませんか?
                                               

                             株式会社メディエイト 保健師 新井 望
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/238