homeホーム>ニュース&ブログ>2018年1月

2018年1月

産業医紹介ナビ》 献血に協力してみませんか?

20186204833.jpg

新しい年を迎え、仕事もプライベートも気持ちを新たにされた方も多いと思います。
新たな目標にプラスα、身近なボランティアにも取り組んでみませんか?
 

なぜ献血が必要なの?

血液は人間の生命維持のため欠くことのできない機能を担っています。その血液は今のところ人工的に作ることができません。ですので、病気や怪我で血液が必要となった患者さんは、健康な方から献血で分けていただいた血液を輸血する必要があります。

また、血液は有効期限が定められており、血小板製剤は4日、赤血球製剤は21日と短くなっているので、年間を通して定期的な献血が必要とされています。
 

冬場は血液が不足しやすい時期です

例年、冬場になると輸血用の血液が不足します。これは、風邪など体調を崩す方が多い事や、学校や企業の団体協力が得られにくくなる事など、献血協力者数が減少することで血液の確保が困難になるためです。輸血用血液を必要とする患者さんには季節は関係ないため、冬場でも十分な血液確保が必要になります。
 

献血で自分の健康チェックもできます

20186204947.jpg

献血に協力頂くことでメリットもあります。 その一つがご自身の健康チェックができる事です。希望者には献血協力後2週間程度で、生化学検査7種類、血球計数検査8種類の結果が郵送にて通知されます。 職場で受ける健康診断は基本的には年1回ですので、それ以外にもご自身の健康をチェックできる機会が得られます。

また、その他にも希望者にはB型肝炎、C型肝炎、梅毒検査、HTLV-1抗体検査で異常があった場合には結果を通知してくれるサービスもあります。 血液を少し抜くことで体は血液を作ろうとするため、血流が良くなる事もあります。
 

献血にご協力頂けない方

輸血を受ける患者さん、献血にご協力頂く方、双方の安全確保の為、献血ご遠慮頂く場合があります。 詳しくは、各県の赤十字センターHPや各献血ルームにお問い合わせ頂くことでご確認ください。
献血は体調の良いとき、献血後余裕のある時(スポーツや重労働、飲み会など無い時)にお願いします。
 

                            株式会社メディエイト 保健師 新井 望

 

産業医紹介ナビ》 職場の快適環境 ~職場の室温・湿度~

2018620450.jpg

労働安全衛生規則により、週1回衛生管理者による職場巡視、月1回産業医による職場巡視が義務付けられています。職場巡視では、作業環境や職場環境等を安全・衛生の視点で確認していきます。職場巡視では、事務所(オフィス)も対象です。

また、オフィス環境においては事務所衛生基準規則に基づいて、2カ月に一度の頻度で、温湿度、粉じん濃度、CO2 濃度、照度などを測定しています。

職場環境でのお困りごと、ご質問等とお気づきの点がありましたら、是非職場の衛生管理者の方へ相談してみてください。今回は、職場の室温・湿度についてお伝えします。
 

職場の室温・湿度

労働安全衛生法の規定に基づく、事務所衛生基準規則により、
室温:17℃以上、28℃以下
湿度:40%以上、70%以下  
となるように努めなければならないと定められています。

空調の温度設定を基準温度に設定していても、職場内の温度管理が出来ているとは言えません。
職場内の温度は、窓からの日差しや、OA機器からの放熱、人の密度等の影響を受ける為、同じ室内でも場所によって大きく異なります。空調機器で温度管理をしたうえで、寒すぎる・暑すぎる場所が出来ないよう工夫することが必要です。

また、室温と一緒に、湿度の管理も行う事で快適に過ごすことができます。同じ温度でも、湿度が違うと体感温度が変わります。湿度が高いと暖かく(暑く)、湿度が低いと涼しく(寒く)感じますので、夏場は除湿、冬場は加湿をして湿度管理も一緒に行いましょう。
室温・湿度管理の為、室内に温度計・湿度計を何カ所か設置し、日頃から確認できるようにしましょう。
 

室温・湿度と健康管理

20186203836.jpg
室内の温度・湿度管理は、健康管理を行う上でもとても大切です。冬は特に風邪やインフルエンザ等のウイルス感染が流行しますので、ウィルスが活性化しにくい環境とする等、大勢が集まる場所では室温・湿度の管理も大切です。

◆風邪ウイルス:15-18℃以下で活発になる

◆インフルエンザウイルス:低音を好み、湿度50%以下になると活性化する

◆熱中症:室温28℃を超えると警戒レベル

◆肌の乾燥・ドライアイ:湿度50%以下で起こりやすい

◆カビ:室温20-25℃、湿度80%以上で繁殖する

◆ダニ:室温25℃、湿度75%前後で繁殖する

◆自律神経:室外との気温差±5℃以上で自律神経が乱れやすく体調を崩す原因となる
 

                              株式会社メディエイト 保健師 新井 望