homeホーム>ニュース&ブログ>産業医コラム>産業医ナビ》 熱中症を予防しよう 《Vol.60-2》
産業医コラム

産業医ナビ》 熱中症を予防しよう 《Vol.60-2》

熱中症予防のポイント

◆日々の体調管理 
◆涼しい服装 
◆日陰を利用 
◆日傘や帽子を利用 
◆水分・塩分補給

熱中症の症状と重症度

重症度Ⅰ:手足のしびれ、めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、ボーっとする
重症度Ⅱ:頭痛、吐き気・嘔吐、倦怠感、意識がなんとなくおかしい
重症度Ⅲ:意識がない、痙攣、呼びかけに対する反応がおかしい、まっすぐ歩けない

熱中症になってしまったら

◆涼しい場所へ避難 
◆水分・塩分補給 
◆服をゆるめる 
◆体を冷やす(脇の下、首筋、足の付け根、等太い血管を冷やすと効果的)
◆意識がない、水分が取れない等、危ないと思ったらすぐに救急車を要請                                            

                         株式会社メディエイト 保健師 新井 望

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/161