homeホーム>ニュース&ブログ>産業医コラム>ドライアイとは? 《Vol.52-1》
産業医コラム

ドライアイとは? 《Vol.52-1》

近年、 VDT (※)の使用頻度増加に伴い、若年層から老年層まで患者数が増加しているドライアイ。
しかし治療せず、そのまま放置している方も少なくないのではないでしょうか。
 

ドライアイとは、眼の表面の乾燥による眼の違和感や目やに、目のかすみ、眼球の充血など、さまざまな症状が出る状態のことを指します。
電子機器を使用する際にまばたきの回数が減ると、眼球表面から涙が蒸発して角膜が乾燥し、角膜の外傷や、周囲の組織の血流不良を引き起こします。

また若年層では、コンタクトレンズの長時間使用や洗浄不足なども、患者数増加の原因の一つになっています。

 (※)VDT:パソコンやスマートフォン等のディスプレイ端末


株式会社メディエイト産業医 望月香織 (Kaori Mochizuki M.D)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/127