homeホーム>ニュース&ブログ>産業医コラム>健診結果を活用しましょう - 脂質③ - 《Vol.51-3》
産業医コラム

健診結果を活用しましょう - 脂質③ - 《Vol.51-3》

なぜ脂質異常症に注意をしなくてはいけないの?

長期にわたって脂質異常症があると、血管の動脈硬化を促進させてしまう為、脳梗塞や心筋梗塞など、命に係わる疾病を引き起こす可能性が高まります。
そのため、健診にて脂質異常症や成人病(高血圧・糖尿病など)の可能性があるとわかった段階で、自分自身の食生活や睡眠時間など、生活全般を見直すことが大切なのです。


しかし、自己判断での急激なダイエットや過度の食事制限、度を超えた運動などは体に多くの負担をかけ、他の急性疾患やリバウンドを引き起こす原因にもなり得ます。


まずは各自で生活習慣の見直しを行い、その後主治医と身体能力や生活リズムに合わせた治療方針(食事療法や運動療法)を構築しましょう。
あせらずじっくりと目標値に向かって改善を続ける事が重要です。
 

株式会社メディエイト産業医 望月香織 (Kaori Mochizuki M.D)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/126