homeホーム>ニュース&ブログ>産業医コラム>健診結果を活用しましょう - 脂質② - 《Vol.51-2》
産業医コラム

健診結果を活用しましょう - 脂質② - 《Vol.51-2》

外食が多いうという方は、メニュー選びと食べ方に注意しましょう

丼ものやパスタ・ラーメンなどの一品料理は、野菜が不足ぎみで糖質や脂質・塩分が多くなりがちです。野菜や小鉢など、一度にいくつかの食材を摂取できるような定食を選ぶよう心がけましょう。揚げものやスイーツ等も控えましょう。

また、味が濃いと食事量が増加してしまう傾向にあるので、できるだけ薄味を心がけ、調味料の使い過ぎにも注意しましょう。

食べ方のコツとして、まず始めに野菜や海草から食べるようにしましょう。揚げものや炭水化物の量はやや控えめに。丼ものは最初からごはんを少なく盛ってもらうなどの工夫で、エネルギー量や脂質をおさえることができます。

株式会社メディエイト産業医 望月香織 (Kaori Mochizuki M.D)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediate-sangyoui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/125