homeホーム>ニュース&ブログ>2011年10月

2011年10月

「精神障害の労災認定」新基準が明らかに 《Vol.5》

過重労働、セクシュアルハラスメントに関する労災認定基準改正へ

企業の危機管理として、「ラインによるケア」の強化が急務!

長時間労働による精神疾患(うつ病等)を労災と認定する基準について厚生労働省の専門検討会
で以下のような報告書がまとめられました。同省は年度内にも新基準を実施する方針。 

2015421122134.jpg

【業務による心理的負荷表の新評価】

1.うつ病などの精神疾患発症と時間外労働
  発症直前1ヶ月に約160時間を超えた場合
  発症直前3週間に約120時間を超えた場合
  その事実だけで基本的に労災と認定されうる

2015421122216.jpg

2.セクシュアルハラスメントの心理的負荷
  対人関係項目から独立の項目に変更
  身体接触を継続した場合、「強」の評価
  セクハラの労災請求、認定増加が予測される


 

2015421122253.jpg

労災認定基準改正の動きに合わせ、
企業の危機管理対応として、管理
監督者を対象に、「安全配慮義務」
「労災」「ハラスメント」に関す
る教育研修 の実施が不可欠になり
ます。

2015421122312.jpg


メディエイトでは、労災認定改正に向けた教育研修プログラムをご用意しております。

 

201542111402.jpg

・教育研修(わかりやすい解説、身につくグループワーク)
・カウンセリング&コンサルティング (出張型)  

2015421114053.jpg

 

人事・労務担当者のための産業医紹介ナビ
御社にあったメンタルヘルス教育研修を実施します。
03-5728-6512 営業時間 10:00-17:00