homeホーム>ニュース&ブログ>2010年6月

2010年6月

過重労働・メンタルヘルス対策の一次予防について②

年次有給休暇の取得・労働時間の改善

厚生労働省では、過重労働を判断する評価期間を発症直前から一週間以内の過重な業務としていましたが、新しい基準では、発症前6ヵ月の就労状態を考慮するとなっています。
脳、心臓疾患の発症と時間外労働の関係は、発症前一か月に約100時間を超える時間外労働について関連性が強いとされています。
また発症前2から6ヵ月の間に月平均時間が80時間を超える時間外労働の関連性も強いとされ、発症前6ヵ月に渡り月平均時間が45時間を超える時間外労働がなければ発症との関連性が弱いとされています。

有給休暇取得の促進

年次有給休暇を取ることにより労働者の心身の健康、疲労回復、プライベートの充実を図ることが出来ます。 職場で有給休暇が取りやすい環境や仕組みを作ることが大切です。
経営者や管理職が休暇を取得し、心身の健康保持、健康予防において有用であることを示すことで、休暇が取りやすい環境を作ることが必要です。
また、制度化(リフレッシュ休暇、誕生月休暇など)することも効果的です。

労働時間の改善

法定の労働時間の枠内で、繁忙期の労働時間を長くし、閑散期は短くするなどトータルの労働時間を減らす、フレックス制度や裁量労働制を導入するなどの改善を行いましょう。

産業医による過重労働者への面談

面接指導は労働時間が一定基準を超え疲労の蓄積が認められる者が対象になります。
産業医による面接指導は要件に該当する労働者からの申請により実施するものとします。
事業者は産業医による面接記録(疲労蓄積、心身の状況を聴取した産業医の意見書)を作成し5年間保存しなくてはなりません。
 

人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビを運営する医師人材紹介サービスのメディエイトでは、過重労働、メンタルヘルス対策の経験豊富な『企業の健康管理』をサポートする専属産業医、嘱託産業医をご紹介しております。 残業時間の多い社員への産業医による過重労働面談、指導に対応できる専属産業医、嘱託産業医の選任はメディエイトにおまかせください。 

過重労働・メンタルヘルス対策の一次予防について①

時間外・休日労働時間削減の対策

長時間労働の対策は、健康管理体制整備、健康管理措置の実施、長時間労働者への産業医等の面接指導が必要となります。
産業医は、事業者に長時間労働の削減を働きかけ必要に応じて事業者に指導、勧告を行います。
 

長時間労働の具体的な対策

過重労働による健康障害を防止するための対策では、事業者に対し時間外労働の削減と年次有給休暇取得の促進などが求められています。
時間外労働、休日労働時間の削減を行うためには、労働時間の管理が重要となります。事業者が労働時間を把握し記録、管理されているかどうかを確認しましょう。 これにより労働者に時間管理の必要性を認識させることが出来ます。
産業保健スタッフ、産業医は、長時間労働が発生しないよう、残業の申請、業務体制の見直し、代休取得の状況確認および推進、業務の平均化などについて改善、指導を行います。
 

対策のポイント

1. 労働時間の把握と管理
2. 残業の手続きの確認
3. 時間外労働時間の上限の設置
4. ノー残業デー
5. 労働時間の選択またはローテーション制
6. 代休制度
7. 意識改革
8. 業務体制改善
9. 業務量過多の労働者への対応
10. 労働時間改善計画
11. 業務の平均化
 

人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビを運営する医師人材紹介サービスのメディエイトでは、過重労働、メンタルヘルス対策の経験豊富な『企業の健康管理』をサポートする専属産業医、嘱託産業医をご紹介しております。お気軽にお問合せください。

産業医とは

産業医の職務

社会情勢の変化やメンタル不調者の増加などを背景に、平成8年(1996年)に改正法が施行。
改正法では、「産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」と規定されています(安衛法第13条第2項)。

産業医は厚生労働大臣の指定する者(日本医師会、産業医医科大学行う研修を終了した者、労働衛生コンサルタント試験に合格しその試験区分が保健衛生である者、大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師またはこれらの経験者、産業医科大学、産業医の養成課程を設置している大学を卒業し実習を終了した者とされています。

労働安全衛生法では、常時50名以上の労働者を使用する事業場において、事業者に産業医の選任を義務付けています。労働者数が、1000名以上または有害業務に500名以上の労働者が従事する事業場では、に専属産業医の選任が必要とされています。

 ※産業医を選任することで労働者の健康管理に役立ちます。

 ※衛生教育などを通じ職場の健康に関する意識が向上します。

 ※職場環境、作業環境の管理について産業医からアドバイスを受けることが出来ます。

 ※産業医は労働者の健康を確保するため必要と認めるときは事業者に対して労働者の健康管理について
  必要な勧告をすることが出来ます。

 ※作業方法、衛生状態に有害の恐れがある場合には、直ちに労働者の健康障害を防止する措置を講じな
  くてはならないとされています。

 

人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビを運営する医師人材紹介サービスのメディエイトでは、職場巡視、安全衛生委員会参加、健診結果事後措置、生活習慣病指導、休職、復職相談、メンタル対応、健康に関する教育など『企業の健康管理』をサポートする専属産業医、嘱託産業医をご紹介しております。お気軽にお問合せください。 

メンタルヘルス専門の産業医について

メンタルヘルス専門の産業医が求められている

近年、技術進歩による急速な発展や経済構造の変化により、在宅労働者の増加、退職金制度の廃止、雇用形態の変化など、労働者を取り巻く環境にも大きな変化をもたらしています。
職場や仕事で強い不安や悩み・ストレスを感じている労働者の割合や休職者・長期欠勤のうつ病の事例が増加傾向にあるため、企業現場において、産業医がメンタルヘルス問題への対応を迫られる事例が増えています。例えば、メンタルヘルス不調者の休職や復職には、主治医だけではなく、職場環境、就業規則などを把握している産業医の判断が必要とされます。

また、休職、復職を繰り返さないためには、産業医による面談、復職後のフォローアップなどが必要とされます。精神疾患を原因とする労災認定件数が増加している中、メンタルヘルスに知見を有する産業医は、企業にとって不可欠な存在となりつつあります。

再発予防とスムーズな復職のために

メンタルヘルス対策における産業医の役割は、メンタルヘルス不調者の発症予防、早期発見、休職、復職支援、復職後のフォローアップなど、メンタルヘルスの側面から継続的に関わり、様々な視点から企業や組織に働きかけます。

しかし、職場復帰には企業の協力も必要とされ、会社全体で職場環境の改善するための活動も重視されます。精神疾患を克服した従業員の復職に向けて、今後の対応を人事担当者と相談をしたり、受け入れる担当部署の管理者への助言なども大切です。外部専門機関との連携も含め、メンタルヘルス対策の経験が豊富な産業医が求められています。
 

当社では、メンタル不調者との面談、復職支援、復職後のフォローアップ等の経験が豊富な医師をご紹介しております。自社で産業医の求人募集をしていたが、適任者がみつからなかったという企業様。法律遵守をするため、さらに、従業員のメンタルヘルス不調者の発症を予防し、企業の経営力アップのためにも、ぜひ当社にご用命ください。 

安全配慮義務違反とならないために

心の安全の重要性

最近、過酷な労働状況の中で、精神的なトラブルを抱える人が増えています。過労から自殺に追い込まれてしまう深刻なケースも少なくないようです。

企業には従業員が心身の健康を損なわないようにするための、安全配慮を行う義務があります。これは、労働安全衛生法に定められている法的な義務です。
従業員がアルバイトや契約社員であっても、きちんとした予防対策が求められます。全ての従業員が健やかに働ける、労働状況・環境を整えることが必要なのです。

 

安全配慮義務違反とされる事例

事業者側が従業員の健康を損なう危険性を予見していたにも関わらず、それを回避する手段を講じなかった場合、安全配慮義務違反とみなされます。安全配慮義務を怠っていたと考えられる事例を紹介します。
 

■ アニメ制作会社の事例

アニメ制作会社に正社員として勤務していた男性は、在職中にうつ病を発症しており退職後、自宅で自殺しているのが発見されました。2~4カ月の間に、100時間を超える残業があったと見られます。一週間に渡り帰宅さえできず、3カ月間連続で休みがない状況もあったようです。

こういった労働状況を上司が把握していなかったとは考えにくく、事業者側が安全配慮義務を怠ったのは明らかと言えるでしょう。この事例については、労働基準監督署が男性の自殺が、過労によるうつ病が原因であると労災認定をしています。
 

​■ 派遣労働での事例

大手光学機器メーカーの工場に派遣された男性が、うつ病になり自殺した原因は長時間労働と過酷な勤務環境が原因だったと判断された事例です。これは実質的な派遣労働者に対して、過労自殺が認められた最初の事例でもあります。
14日間連続勤務や度重なるシフト変更は、事業者側が配慮すれば避けられたことです。企業側にはおよそ7千万円の賠償が命じられています。
 

労働基準を遵守することはもちろんですが、健康状態やメンタルヘルスに関して相談できる環境を作るようにするといった対策も求められます。そのため、会社の規模によっては産業医を選任しなければいけないと労働安全衛生法によって定められています。

当社ではお客様のニーズに合う産業医を紹介する、マッチングサービスを提供しております。
法律遵守のためだけではなく、従業員の健康にも配慮し、会社をより良くするためにも産業医の存在は必要不可欠です。産業医に関することは当社にご相談ください。 

ストレスサインとは

リラックスし過ぎると集中力や危機感がなくなり、ストレスが大きすぎると体に不調を来たしてしまいます。どちらかに偏りすぎてしまうと仕事にまで影響が及ぶ可能性がありますので、メンタルヘルスケアで双方のバランスを取ることが大切になります。

ストレスサインに気づく

現代ではストレス過多の方が圧倒的に多いです。
職場や学校での人間関係、仕事の重圧、恋愛関係、家庭環境など、多くの場面でストレスが発生します。自分でも気がつかない内にストレスを溜め込み、気がついた時には大きな病気を引き起こしていることもあります。うつ病をはじめ、パニック障害や適応障害、社会不安障害などを引き起こしてしまいます。早めにストレス状況に気がつくことで、このような症状は防ぐことが可能です。

ストレスサインには3段階あります。

1段階/警告期

イライラ・肩こり・疲労感・物忘れが増える・体調が悪い これらは誰にでもあるストレスの初期症状と言えます。通常はストレスが解消されることで症状も回復しますが、うまくストレス解消できずにいると症状が悪化していきます。

2段階/反発期

胃痛・血圧の異常・心拍数の上昇・仕事を抱え込む ストレスが大きくなり、身体的な症状が強く現れるようになります。ストレスの自覚はありますが、「ストレスに負けない」とストレスをはねのけようと仕事を頑張るケースが多いです。結果的にストレスをさらに抱えることになります。

3段階/疲憊期

集中力がなくなる・物忘れが激しくなる・睡眠障害・食欲不振・不安感・罪悪感・ストレス性胃腸炎・高血圧 具体的な症状が多く現れます。身体的な症状だけでなく、精神的にも影響を及ぼし始めます。心も体も疲れており、精神科医や産業医などの専門医の助けが必要になります。
 

早めにメンタルヘルスケア対策を行うことで、良好な人間関係の構築や、従業員のモチベーション向上などに取り組むことができます。具体的にどのように取り組めば良いのか、分からない企業様は当社へご相談ください。

当社ではメンタルヘルスケア教育研修や、初めて産業医の導入を検討している企業様からのご相談も承っております。契約書作成の注意点や産業医への月額報酬の相場などにもお答えいたします。産業医を募集するために求人広告を出しているが、なかなか集まらないといった場合にもお気軽にご相談ください。 

企業の安全配慮義務について

過酷な労働環境に対する懸念の声が高まる一方で、「労働安全衛生法の一部を改正する法律案」(平成26年3月)が国会に提出されました。改正が行われる一部として、化学物質管理の見直しや企業の従業員に対する安全配慮義務が挙げられます。
ここでは「企業の安全配慮義務」に焦点を当ててみたいと思います。

安全配慮義務の歴史的背景

安全配慮義務は当初、主に工業(製造業)など、薬品や重機などの危険物を取り扱う職場で問題になっていたものです。当初の安全配慮義務が問題視された事案に注目してみると、「遮断機」や「有機薬品」など、「身体的危害」に関する事案が多く見られます。

しかし近年では、このような身体的危害に加え、労働環境における精神衛生についても注視されるようになりました。そのため、法律解釈の質的変化が生じ、現在では「事業者は労働安全衛生法の定めにより、労働者の身体的・精神的健康と安全につき配慮を徹底しなければならない義務と責任がある」と解釈されるようになりました。

安全配慮義務違反になるポイントとは

予見可能性

予見可能性とは「事故が起こることを事前に予測できたか」という観点から判断されます。相当の注意力と判断力をもってすれば事前に事故の可能性を予測でき、その対策を講じることができたにも関わらず、それをしなかったことによって事故が発生してしまった。このようなときに、安全配慮の徹底を怠ったと解釈されます。

結果回避可能性

結果回避可能性とは「労働者の生命や健康に何らかの損害が生じることが予測できた場合に、それを回避する手段を講じたか」という観点から判断されます。相当の注意力と技術力をもってすれば回避できたにも関わらず、何らかの過失によってそれを回避することができなかった、という場合に責任が発生すると考えられています。

ストレスチェック制度について

法改正により、メンタルヘルス対策の一環としてストレスチェックの義務化が決定されました。
この制度では、初めに医師または保健師による検査の場が設けられ、現在のストレス状態の判定をします。この時、高ストレス状態だと通知された労働者のうち、希望した方へ、医師による面接指導を実施するというものです。
そしてその結果、医師の意見を聴いたうえで然るべき措置を講じるかを判断します。ストレスチェック制度は、従業員数50人以上の全ての事業所が対象となります。
 

産業医をお探しなら
専属産業医をお探しなら、ぜひ当社にお任せください。ストレスチェック制度、メンタルヘルス対策、強化に対応可能な産業医が在籍していることはもちろん、従業員のメンタルの健康を守るための業務推進も行っております。 

メンタルヘルス対策について

近年では、大なり小なり悩みやストレスを抱えている方が多いです。そのストレスが自分で解決できる人もいれば、一人で抱え込んで精神的に疲れてしまい、精神の病にかかってしまう場合もありますし、その会社に居られなくなり転職を余儀なくされる場合もあります。そうすると、個人の問題だけでなく働いている会社の経営にも影響を与えかねません。

従業員一人ひとりの心の健康を支えるためには、各会社でのメンタルヘルス対策が必要不可欠なのです。そこでこちらでは、多方面からのメンタルヘルス対策についてご紹介します。

セルフケア

メンタルヘルス対策の中でも重要なポイントが、自分自身の心の状態を把握することです。人の目を気にしすぎな人や、弱音を吐けなくて一人で悩みを抱え込んでいる人など、人によって様々なタイプがいます。そんな自分自身の心の状況をきちんと把握して解決に導くためには、必要な知識を知り、前向きな思考で考えることが大切です。
自分自身と向き合ってセルフケアを行うために、メンタルヘルス対策の基礎知識やセルフケアの重要性、自分の悩みやストレスに気づくための方法などの情報を得てください。

ラインケア

社内でメンタルヘルス対策の環境作りを行うのも非常に重要なポイントです。会社を成長させていくためにもそこで働いている従業員としっかりとコミュニケーションを図り、一人ひとりの考えていることや意見を聞けるような関係性を築くことが大切です。
時間外労働が月80時間以上にもなる長期時間労働や、過重労働、心理的負担が大きすぎないように、その人の能力や適正に沿うような仕事の役割分担を行うのも会社におけるメンタルヘルス対策です。上司と部下の関係性はとくにストレスを感じやすい要因ですので、職場環境改善をアルバイト、社員、管理職、経営者まで皆で意識してラインケアの体制を作るようにしてください。

産業医によるケア

メンタルヘルス対策の専門的な知識と経験を持ち合わせている産業医との面談では、上司や会社仲間に相談しづらいことでも打ち明けやすいと思いますし、心を開きやすいと思います。
医師によるメンタルヘルス対策を行い、心の健康が乱れている方の悩みの本心や負荷となっている部分を慎重に検討していくと良いと思います。そのことがキッカケで、会社に大きな利益をもたらしてくれる人材に成長するかもしれません。
 

東京都内にある当社では、各会社に最適な医師のご紹介を行っております。
初めての産業医募集のため、嘱託産業医と専属産業医の違いがわからない場合や上記の様なメンタルヘルスの対策でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。 

産業医を選任しなかった場合の罰則について

企業の成長に伴い、従業員数が50人以上になった時点で選任しなくてはいけないのが産業医です。
労働安全衛生法において、産業医の選任義務は次のように決まっています。

・従業員数が常時50人以上の事業所については、業種を問わず1人以上
・従業員数が常時3,000人を超える事業所については、2人以上

今後、常時50人を超える可能性がある事業所では、選任の準備が必要です。
また、従業員数のカウントの仕方にも注意が必要です。従業員数は企業全体の従業員数のことではなく、例えば、本社、各支店、各工場などの事業所単位でカウントします。

常時50人を超える対象事業所が複数ある場合は、各事業所に産業医を選任する必要があります。
もちろん、従業員は正規社員だけでなく、アルバイトやパートスタッフなど非正規社員も含まれます。

もし産業医を選任しなかった場合

労働安全衛生法において産業医を選任しなかった場合は、法律違反となり罰則が設けられています。
従業員が50人以上になった時点から14日以内に選任できなかった場合は、事業所もしくは、企業の代表者に対して、50万円以下の罰金が科せられる罰則があります。

もし産業医を引き受けてくれる医師が見つからない場合には、現在の状況を労働基準監督署に報告する必要があります。すぐに罰金の徴収ではありませんが、労働基準監督署の指導・勧告に従わなかった場合など、悪質な法律違反と解釈されると、罰則が科せられます。

また、労働安全衛生法では、50人以上の事業現場もしくは企業に衛生管理者も置かなければなりません。衛生管理者も従業員の健康管理や健康相談を受けますが、衛生管理者は医師ではないので、衛生管理者だけでは労働安全衛生法の基準を満たしているとは言えません。そのため衛生管理者が置かれていても、産業医の選任は義務になります。
 

産業医を引き受けてくれる医師がみつからずお困りの企業様
当社では日本全国どの地域にも対応いたします。北海道から九州まで産業医の登録があり、スポットでのご依頼も承っております。独自の全国ネットワークで、急を要するご依頼にもスピーディーに対応いたします。
「地方支店に嘱託産業医を配置したい」「産業医と契約したいが、どこに相談すればいいか分からない」「経験豊富な産業医が欲しい」といったご要望があれば、ぜひ当社をご利用ください。